法人後見事業

認知症や障がいなどのため、判断能力や意思能力が不十分な人へ呉市社会福祉協議会が後見人(成年後見人、「保佐人」、「補助人」)になり、その人が、安心して暮らせるように次のようなお手伝いをします。

【財産管理】 出入金の確認をしながら現金や預貯金の管理をします。
【契約の代理や取り消し】 一人で行うことが難しい契約の締結や本人にとって不利益な契約の取り消しなどを代わりに行います。
【介護・医療へのサポート】 要介護認定の申請や介護サービスの契約、医療機関との契約を行い、安心して生活が送れるようにサポートします。


また、自分が将来、判断能力などが不十分になったときに備え、「任意後見人」を決めておくことができ、呉市社会福祉協議会が任意後見人としてなるよう、契約することができます。

 


 

生活(後見)支援員養成研修受講者募集

呉市権利擁護センターでは,判断能力が低下された人々の契約のお手伝いや日常生活費の支払いを支援する福祉サービス利用援助事業「かけはし」や法人後見事業をお手伝いしていいただける,「生活(後見)支援員」を養成しています。

生活(後見)支援員養成研修の詳細についてはこちらをご覧ください。

 

 


プライバシーポリシー
 〒737-8517 広島県呉市中央5丁目12番21号 呉市福祉会館内 TEL(0823)25-3509 FAX(0823)25-7453
Copyright(C) 2009 呉市社会福祉協議会 Kure City Council of Social Welfare. All Rights Reserved.