災害ボランティア事前登録の募集

平成30年7月西日本豪雨災害では、全国各地から多くのボランティアの方々に駆けつけていただき,復旧・復興の大きな力になりました。

しかし,現在新型コロナウイルス感染症の影響により,全国のボランティアの方々に応援を依頼するのが難しい状況であることから,県内で万が一に備えた協力体制を強化することが重要となっています。

そのため,災害に備えたボランティアの事前登録を,広島県社協とともに開始しました。いざという時のために,皆様の力をお貸しください。

 

詳しくはこちら

 

事前登録はこちらから

 

豪雨災害支援くれプロジェクト会議

maru豪雨災害支援くれプロジェクト会議の開設

今般の大雨による被害にあわれた皆様には心よりお見舞い申しあげます。

令和3年7月9日に関係機関及び自治会有志で「豪雨災害支援くれプロジェクト会議」発起式を行いました。このプロジェクト会議は,わがまち呉市で災害が発生した際,迅速に対応できる体制を強化することを主眼としつつ,市外・県外で災害が発生した際は,支援金を送り,また人材を派遣するなど被災地域の復旧・復興の後押しも行います。

平成30年西日本豪雨災害において,呉市は静岡県より3か月にわたり,災害ボランティアセンターの運営や市民への物資の提供等多大なるご支援をいただき,発災から3年が経つ今なお,お力添えいただいております。そのため,7月3日に静岡県にて発生した豪雨災害を受け,まずは同県への募金活動を始めました。募金いただいたお金は,静岡県内の被災者支援並びにボランティア活動支援金として全額寄付いたします。募金箱は呉市社会福祉協議会本所及び各支所に設置しています。

 

pkaigi_hokkisiki.JPG

 

maru募金活動の報告

7月3日に静岡県にて発生した豪雨災害を受け,同県への募金活動を行いました。この度,被災者支援及びボランティア活動支援金として,1,000,000円を静岡県ボランティア協会及び静岡県社会福祉協議会へ寄付させていただきましたことをご報告いたします。

皆さまのご協力に心よりお礼申し上げます。

 

sizuokakenborakyo.jpg

(静岡県ボランティア協会 理事長 小野田 全宏 様)


sizuokakensyakyo.jpg

(静岡県社会福祉協議会 常務理事 髙橋 邦典 様)


ライオンズクラブと本会における協定の締結

令和3年6月22日に6ライオンズクラブ(呉ライオンズクラブ,呉グリーンライオンズクラブ,呉ブルーライオンズクラブ,呉うるめライオンズクラブ,呉ポートライオンズクラブ,呉安浦ライオンズクラブ)と本会で「災害時におけるボランティア支援に関する協定」を締結しました。

この協定は,これまでの被災からの教訓を生かし,今後起こり得る災害への備えとして,呉市内すべてのライオンズクラブとのつながりを一層強固なものとするとともに,多様な被災者ニーズに対応したきめ細かな災害ボランティア活動の展開を目的としています。

 

協定内容(概要)

  ①被災地内外におけるボランティアの移動にかかる輸送手段(車両等)の手配・提供

  ②被災地災害ボランティアセンター及び被災地外のボランティア活動支援拠点の設置・運営及び被災地での

     ボランティア活動のための資機材の提供

  ③ライオンズクラブ会員の専門性を活かした物的及び人的支援の提供

 

kyoteisiki.jpg


くれ災害ボランティアセンター

平成30年西日本豪雨災害によって被害を受けられら皆様には,心よりお見舞い申し上げます。
呉市では,これまで五度の市外救助法の適用を受けました。
そのたびに,たくさんの方々にお力添えをいただき,復旧・復興してきました。
今後も,呉市社会福祉協議会では,有事に備え,平常時からのつながりを大切にし,事業を推進してまいります。



災害ボランティア設置・運営マニュアル

令和元年6月,呉市社会福祉協議会では,呉市と共同で「災害ボランティアセンター設置・運営マニュアル」を作成しました。

このマニュアルは,呉市において大規模災害等が発生した際に,復旧支援のために駆けつけてくださる災害ボランティアの皆さまに対して,スムーズな受け入れ及び被災者の立場に立った活動を行うため,災害ボランティアセンターの設置・運営について必要だと思われる事項をまとめています。

平成30年西日本豪雨災害での「くれ災害ボランティアセンター」の活動経験をもとに,運営体制や避難場所のレイアウト,運営資金及び敷材の確保等についてまとめ,迅速な支援体制を構築するために活用します。

 

 

 

現在,新型コロナウイルス感染症の影響により,従来の災害ボランティアセンター設置・運営に加え,感染拡大防止に配慮した取り組みが求められていることから,全社協及び広島県社協が示している留意点等を参考に「新型コロナウイルス感染症の感染防止を踏まえた災害ボランティアセンターの設置・運営等に係る運用方針」を次のとおり策定しました。

maru.gif新型コロナウイルス感染症の感染防止を踏まえた災害ボランティアセンターの設置・運営等に係る運用方針   (PDFファイル:389KB)

 

 

 

 

災害ボランティア活動の協力に関する協定

令和元年9月3日に呉市,呉青年会議所,呉市社会福祉協議会の三者で「災害ボランティア活動の協力に関する協定」を締結しました。

この協定は,呉市内における地震,風水害その他の災害又は大規模事故の発生により,くれ災害ボランティアセンターを設置した場合に,三者が協力してセンターの運営や災害ボランティア活動への支援を行っていくことを目的としています。

(調印式の様子)

iiyatu.JPG

 

 

 

被災地に災害ボランティア活動に行かれる方へ

より良い支援活動に参加するために,事前に情報を収集しましょう。
  ●被災地の状況を十分に確かめましょう。
  ●災害ボランティアセンターの開設状況を確かめましょう。
    ・安全管理のために装備を徹底しましょう。
    ・移動手段,宿泊場所を事前に確保しましょう。
    ・ボランティア活動保険に加入しましょう(お住まいの社会福祉協議会で加入し,加入証を必ず持参する)
  ●体調管理に気を付けましょう。

 

maru.gif 全国社会福祉協議会

maru.gif 全国社会福祉協議会 被災地支援・災害ボランティア情報

maru.gif ボランティア活動保険
    ボランティア活動保険は,被災地の災害ボランティアセンターでも加入することはできますが,被災地に向かう
  前にお住まいの社会福祉協議会で加入しましょう。そうすることで,被災地に向かう途中のけがも保険の対象と
  なります。

 

 

 

〈災害ボランティア及び「くれ災害ボランティアセンター」に関するお問い合わせ先〉

  呉市社会福祉協議会 地域福祉課 ボランティアセンター
     呉市中央5丁目12-21 呉市福祉会館内
        TEL (0823)25-3505  
        FAX (0823)25-7453
        e-mail  vc@kureshakyo.jp 


プライバシーポリシー
 〒737-8517 広島県呉市中央5丁目12番21号 呉市福祉会館内 TEL(0823)25-3509 FAX(0823)25-7453
Copyright(C) 2009 呉市社会福祉協議会 Kure City Council of Social Welfare. All Rights Reserved.